teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/1138 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

男子部 秋季リーグ戦第7戦 結果報告

 投稿者:男子部主務岡田  投稿日:2018年10月21日(日)18時13分14秒
  通報
  いつもお世話になっております。京都大学男子バレーボール部主務の岡田です。

本日行われました、関西大学バレーボール連盟秋季リーグ戦男子3部第7戦の試合結果をお知らせ致します。

京都大学×2-3○明治国際医療大学
                25-23
                25-22
                21-25
                23-25
                 9-15


通算成績は5勝2敗、最終順位は3位で、3部残留となりました。

今回は相手の強力なエースをサーブで狙い、ブロックで封じるという戦略で臨みました。
第1セット、序盤は打ち合い競りましたが、中盤に相手エースを封じる戦略がハマり、リードしました。その後、セッター前衛の面で相手の堅い守備に苦しめられ追い付かれましたが、終盤ブロックが再び機能してこのセットを取りました。
第2セット、第1セット同様にブロックが機能したことに加えて、丁寧な2段トスからサイドアタッカーが何度もスパイクを決めました。しかし、サーブミスが頻発したことにより中々相手を離せず、またも競り合う展開となりました。それでも終盤、両センターが速攻で点を稼いでリードを奪い、このセットも取りました。
第3セット、ミスや反則が相次ぎ、相手にリードを許しました。中盤宮嵜(#25)が3連続ブロックやサービスエースを決め食い下がりましたが、序盤でつけられた点差を縮めることはできず、このセットを落としました。
第4セット、1~3セット目同様に相手エースをある程度封じることができ、競り合いました。中盤ブロックポイントや相手のミスによりリードを奪いましたが、終盤のサーブミスやコンビミスにつけ入られ、このセットも敗れました。
最終セット、相手エースの時間差攻撃を完璧にブロックするなど、良い滑り出しとなり先行しました。しかし、前衛スパイカーが二枚の場面で、相手の二枚揃ったブロックを前に決めきれず一気に逆転されました。終盤も流れを取り返すことはできず、フルセットでの敗戦となりました。

本日をもちまして、平成30年度秋季リーグ戦は終了致しました。
また、西川拓己(#1)がベストセッター賞を受賞致しました。ブロック賞、スパイク賞などの個人賞については分かり次第追ってお知らせ致します。

2ヵ月に渡るリーグ戦を通じまして、あたたかいご声援を賜りまして、誠にありがとうございました。惜しくも昇格は果たせませんでしたが、今リーグ戦で見つかった課題を修正し、来年の春季リーグ戦で2部に昇格できますよう、冬の練習に励んで参ります。

今後とも、ご指導ご鞭撻並びにご声援の程、よろしくお願い致します。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/1138 《前のページ | 次のページ》
/1138