teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:98/1179 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

三大戦の結果につきまして

 投稿者:男子部主務 大山  投稿日:2018年 2月11日(日)22時08分17秒
  通報
  いつもお世話になっております。
京都大学男子バレーボール部主務の大山です。

本日行われました、三大戦の試合結果をお知らせ致します。

〈新人戦〉
京都大学 × 0-1 ○ 大阪大学
              22-25

序盤、3連続得点で一歩先んじましたが、その後は1回生篠原(#4)の攻撃を軸に相手と点を取り合いました。ですが、ブロック戦略がうまく機能しなかったこともあって一気に点差をつけられてしまい、粘りも及ばす敗北となりました。

京都大学 ○ 1-0 × 神戸大学
               25-23

試合開始から中盤にかけ、両サイドからスパイクが多く決まり、何度も連続得点を取って大きくリードしました。試合後半は、自らのミスもあって逆に連続得点を取られる厳しい流れとなりましたが、何とか追いつかれずに逃げ切り、勝利となりました。


最終結果 1勝1敗 準優勝



〈本戦〉
京都大学 ○ 2-0 × 大阪大学
               25-8
               25-23

1セット目は、序盤からサイド・センターでバランスよく攻撃が決まり、ブロックも効果的に働いて、終始京大のペースで試合が進みました。レシーブを乱されても、レフトからの二段攻撃が冴え、相手に大差をつけてこのセットを取りました。2セット目は、初めに連続得点を得て先行したものの、相手ライトアタッカーの調子が上がってくるにつれて追い上げられ、一進一退の展開となりました。しかし終盤にスパイクの打ち合いで優位に立って抜け出し、このセットも取って阪大に勝利しました。

京都大学 ○ 2-0 × 神戸大学
               25-21
               25-22

1セット目は、互いにエース中心で点を取り合う展開となりましたが、中盤からクイックや時間差攻撃を多用して点差をつけました。最後は粘る相手を4連続得点で抑え、先制しました。
2セット目は、相手エースの強力なスパイクに苦しめられ、なかなかリードを奪えませんでした。しかし、要所で鋭いクイックや3回生南(#16)の意表を突いた時間差攻撃が決まり、最終盤に競り合いから抜け出してこのセットも制し、勝利を収めました。


最終結果 2勝0敗 優勝



今大会では、プレーヤーが調子を上げて試合に臨むことができ、自分たちで雰囲気を作り上げていくことができました。今回の良かった点、悪かった点をしっかりと今後につなげていきたいと思います。ご声援を賜りましてありがとうございました。

今後とも、あたたかいご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。
 
 
》記事一覧表示

新着順:98/1179 《前のページ | 次のページ》
/1179