teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. デスマッチ好きな人お友達になってください(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:301/565 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

続:CZWフリークな話

 投稿者:温泉VACA  投稿日:2007年 8月20日(月)15時42分11秒
  通報
  今日は仕事が休みなので、入院中のCZフリーク仲間の見舞いに行ってきました。

さて、何をお見舞いに持って行こうかと考えまして。メールで「リハビリの時間以外は暇だ」と聞いていたのと、以前、自分が急性A型肝炎で入院したときの経験から、食べ物とかよりも、暇潰しグッズの方がいいと思い、とはいえ病院でゲームの類はできないので、書籍が良かろうと思いまして。

まず、ゴングの増刊やアメリカーナなど、昔買ったプロレス関係の書籍のうち、資料性の高いものは棄てずに取っておいたのですが、それを全部、お見舞いに持っていくことにしました。私が資料として持っていても、普段読むわけではないし、それなら、入院中のプロレスファンの人に読んでもらった方が、書籍として活用できることになる。下に画像のあるゴング増刊のベルト本やサイン本も、差し上げてきました。

そして、我々がもっとも夢中になった、00~01年にかけての大日本とCZW。当時の雑誌の大日本・CZWの試合レポートやインタビュー記事などを、私は、スクラップにしてファイリングして、取ってありました。大日本・CZWの選手は気軽にサインをくれるので、それらのスクラップ記事には、多くの選手のサインが入っています。共にCZWを追いかけたその友人であれば、私同様にそのファイルに対して価値を見い出してくれるわけですし、入院中にそれを楽しんで読んでくれることになるのだから、手放すことに悔いはありませんでした。

実際、友人は、喜んでくれました。聞けば、症状は原因不明。入院は1ヶ月半で、退院してからもリハビリ通院が続き、休職は5ヶ月に及ぶとのこと。医療費に関しては、難病指定であるため、国からの援助金が出るとのことで、それも申請済みであり、目処は立っているとのことですが。実際に病を患った、本人のたいへんさは、私のような他者が想像する以上のものがあると思います。私が見舞いに持って行った書籍では、そのたいへんさに対して、慰めにもならないかもしれませんが、苦しみを緩和するほんの一助にでもなってくれれば幸いです。

私と同年齢の彼がベッドで横になる一方で、私はマラソン、遠泳、ロードバイク、登山と、人並以上に身体を酷使する活動をしている。24時間テレビではないけれど、彼の分も…という気持ちが生じてきます。彼も、リハビリをして、人工関節が馴染めば、普通の生活は送れるようになるとのこと。快復したら、また大日本の会場で遭いましょうと約束。暑い日はまだまだ続くようだけど、それぞれの明日に向かって頑張りましょう、と。
 
 
》記事一覧表示

新着順:301/565 《前のページ | 次のページ》
/565