teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


はじめまして!

 投稿者:蒼幻  投稿日:2014年12月 3日(水)07時43分54秒
返信・引用
  七篠朋次郎さま、おはようございます。

ごはんから来てくださったのですね。
七篠さまも朝方に書かれるのですね。

いつもごはんで名前を拝見しています。
これからよろしくお願いしますね^^
ありがとうございました!^^
 
 

報告ありがとうございます

 投稿者:蒼幻  投稿日:2014年12月 3日(水)07時40分58秒
返信・引用
  らんさん、報告ありがとうございます。
リンクの件、修正しておきました。
連絡が遅れて申し訳ありません……
 

こんばんは

 投稿者:七篠朋次郎  投稿日:2014年12月 2日(火)20時40分2秒
返信・引用
  ごはんからお名前をクリックしたらここに飛んできました。
あなた様は私があんなアホな感想をよこしても優しい
返事をよこしてくださいましたね。有難うございます。
りゅうかしゅはい……タイトルからして読めませんでしたが
おかげさまで一つ賢くなりました。
働きながら書くのはみんな一緒で大変なのもみんな一緒。
今後とも仲良くしてください。んではおやすみなさい。
(私はいつも丑三つ時~明け方に書くのです。)
 

こんばんは。

 投稿者:らん  投稿日:2014年 9月23日(火)23時33分34秒
返信・引用
  お久しぶりです。
お変わりないですか?
私事ですが、プロバイダのホームページサービスの提供終了にともない、ホームページを移転いたしました。
つきましては、お手数をおかけしますが、
お時間のあるときにでもリンク先の変更をよろしくお願いします。
新URL
http://skypalace2.web.fc2.com/
 

小春さん、いらっしゃいませ。

 投稿者:蒼幻  投稿日:2014年 4月24日(木)23時57分2秒
返信・引用
  >小春さま

 こんばんは。よくいらしてくださいました。歓迎します^^

 二週間経ってなかなか新作を掲載されなかったので、ひょっとしたらと思っていたら、そうなんですね^^;
 描けなくなる時期って、自分の実力を向上させるチャンスだと前向きにとらえるのが良いのかな、と思います。
 わたしもなかなか良い物を書けませんが、いろいろ試行錯誤しながら、書くことを続けたいと思ってます。

 またごはんで、小春さんの作品を読めるのを楽しみにしています。めげずに頑張ってください^^

 紫色の風車、お褒めくださりありがとうございます。
 反省点もあるのですが、なかなか自分の欠点を直視できません^^; がんばらないと、です。

 ではでは、ありがとございました^^
 よかったら、またいつでも書きこんでください。
 お待ちしています。
 

おはようございます

 投稿者:小春  投稿日:2014年 4月23日(水)03時03分1秒
返信・引用
  作家でごはんでお世話になっています。

ちょっと立ち寄ってみました。へんな時間に目が覚めてしました。笑
蒼幻さんのこちらのウェブページの本紹介楽しみにしています(^^

紫色の風車読ませていただきました。私は感想下手なので、あえてこちらに書かせて頂きますね。
私はストーリーを動かすのが良く分からないので、勉強になりました。
本当に上手だと思います。

いつも温かい感想をいただいた事、感謝しています。今、自信喪失中で今後作家でごはんに載せるかわかりませんが(^^影ながら応援しています、と一言だけ書いておきますね! ではでは。

 

ご心配させてしまいごめんなさい。

 投稿者:蒼幻  投稿日:2014年 1月22日(水)00時32分50秒
返信・引用
  早花鬼さまに原因があるわけではないんですよ^^;
心配させてしまい申し訳ありません。
書いても書かなくてもいいようなことばかり、書くのも、
なんかつかれまして。
創作をやめるわけではないので、今後ともよろしくです^^
 

ごめんなさい!

 投稿者:早花鬼  投稿日:2014年 1月21日(火)23時33分15秒
返信・引用
   何があったのでしょうか? すみません、狼狽していて、何か変なことを書きそうですが、私、何かやらかしましたでしょうか?
 リニューアルして、元に戻されるのでしょうか? 
 

ありがとうございます

 投稿者:蒼幻  投稿日:2014年 1月12日(日)04時26分40秒
返信・引用
  >ぺヤングさま

 そうですね、雑に書いているという指摘はそうかもしれません。
 さいきん、いろんな人にいろんなご指摘をうけているので、
 勉強になります。ありがとうございます。
 

小説について

 投稿者:ペヤング  投稿日:2014年 1月 9日(木)22時55分26秒
返信・引用
  プロであれすぶり書きを公開する際、駄文を掲載しません。アマだからと甘え掲載しているなら以下の意見をお許し下さい。
将棋の早指しの如き大会が文学賞にあれば貴殿のスタイルは理解できます。パホマ落ちざるを得ない環境下での評価を求める。略。耳にたこができる程言われいるかもしれませんが余りに雑な作品が多い。飽きっぽさを克服し推敲重ねて下さい。あるいは早指し大会を主催して下さい。
 

はじめまして!

 投稿者:蒼幻  投稿日:2013年12月24日(火)02時31分57秒
返信・引用
  >ぺヤングさま

 こんばんは。はじめまして。
 コメントをくださり、ありがたく思います。

 そうですね。書き捨て文ということ、思い当たる節がたくさんあります。
 こうして改めて指摘していただくと、自分のダメな点がよくわかります。
 ありがとうございました!
 

はじめまして

 投稿者:ペヤング  投稿日:2013年12月23日(月)23時02分15秒
返信・引用
  はじめまして。血で書けない。さめてる。読みました。たしかに書き捨てのような文章が多い印象です。  

ひとりであせってました

 投稿者:蒼幻  投稿日:2013年12月15日(日)15時56分33秒
返信・引用
  表題のとおりです。
というのも、昨日の夜あたりから、FC2のファイルマネージャーが開けなくなり、
更新作業ができなかったのです。サイト自体は表示されるから、BANされたわけじゃない
とは思っていたんですが、今朝になっても復旧していなくて、接続画面を見てみると、
ページタイトルが文字化けしているし、これはハッキングか、メンテミスか、
なんなんだろうと、気をもんでいたわけです。
ようやく日記も更新できたし、なんとか平常心で、これからも更新作業をすることが
できそうです。とまあ、報告でした。それではまた!
 

卯月さん、いらっしゃいです!

 投稿者:蒼幻  投稿日:2013年11月26日(火)00時10分6秒
返信・引用
  >卯月美桜さま

 こんばんは。こちらに書きこんでくださると思っていなかったので、驚き半分、喜び半分で、実際、嬉しく思っています。

 わたし、卯月さまには申し訳ない気持ちがあったのですよ。
 冒頭だけ読んで、初回に勝手に判断してしまった負い目、引け目とでもいいますか。ごはんの感想には書きませんでしたが、実際、通して読んでみると、ジャンルがちぐはぐというような評価は実は外れていたと思い知らされました。ちぐはぐという評価は実はまちがっていたかなと後悔しています。
 今回の感想はジャンルがどうというのでなく、実際に小説として読んでみて、どう感じたか、その物語に対するコメントというのを考えて書かせていただきました。
 しっかり人物、舞台が描かれていると思いました。これからも良い作品を生み出していってほしいと思います(^^)

 小説はもう何年も書いてますが、なかなか上達しません(T-T)
 でも、書かずにはいられないので、書くこと中心の生活になっています。
 卯月さんのブログ記事は泣き言だとは受け止めてませんよ。
 いろいろ考えながら作品を作られてるんだな、と感じました。

 これからもぜひぜひ、頑張って、活動していってくださいね。
 応援しています!
 

ありがとうございます。

 投稿者:卯月美桜  投稿日:2013年11月25日(月)03時04分50秒
返信・引用
  蒼幻様

以前のメッセージの時もこちらにお返事すればよかったですね(汗)
お邪魔します、卯月美桜です。

コメント、ありがとうございます。
すごくすごく励まされました。何より、こうして声をかけてもらえたことが嬉しかったです(^^)

毎回、試行錯誤……そうですよね。皆さん、悩みながら苦しみながらもがきながら(その中で、楽しみも感じながら)作品を生み出しているんですよね。
皆さんそれぞれの自分の作品を書いて、それが正解なのか、受け入れられるかは分からなくても書き続けて。そして、その先で何かを掴んで。
誰だって、正解なんて分からない。外に出して読んで貰って、そこで初めて作品の答えが分かる。
それなのに、自分勝手に解釈して暗くなって、悲劇ぶって……
それじゃ、駄目ですよね。

わたしも、蒼幻さんのように少しずつ前に進みながら頑張っていきます。

泣き言いってごめんなさい。
頑張りますね!(^^)

(そして、作品の感想まで書いていただいてありがとうございます。長い作品なのに読んでいただいて……本当に嬉しいです。大事に読ませていただいて、お返事書きます)
 

こんにちは!

 投稿者:蒼幻  投稿日:2013年 6月22日(土)15時19分54秒
返信・引用
  >ドリーマーさま

 毎日書きつけることだけが取り柄の日記を、読んでいただき恐縮します。

 そうですね、情景描写は、直接心情を描かなくても、その情景描写の言葉言葉の選択によって示すことができると、理論上わかっていても、なかなかそれをやるのに必要な手間を惜しんで、結果、書き流し文章ばっかり作ってしまいます――。
 URL先のファイル読ませていただきました。大物作家の文章ばっかり、しかもいろいろまとめられていて、うわーとなりました。短い文章でもそこに含ませる情景は大きなものから珍しいものまで、イメージの膨らむものが多く、さすがだな、と思いました。
 ふだんから心がけるのがいいんでしょうけど、情景描写で心理をにじませるというのはその手間から、Web公開作品ではあまりやろうと思っていなかったりします^^;
 でも、ふだんからやるからこそ、力がついてくるというものなんだろうし、やっぱりやっていくべきなのかな……。と思いつつ、これから書こうとしているファンタジーはとても微妙な立ち位置で書くことになりそうです――。

『廃寺』は読めるとこまでで結構です^^;
 なにしろ長いですので(汗) サイトはフォントの大きさをかなり大きくしているんですが、わたしが読み直すときにディスプレイから相当離れても見やすいように、と思ってやっていることで、友人からはこんなに文字を大きくしてるサイトはみたことがない、と不平をぶちまけられました(笑)
 なれたら読みやすいんですけどね……。Macじゃないから、明朝体で普通サイズだとカクカクするし、いまのサイズが、明朝体フォントが滑らかなうちの最小サイズなんですよ。執筆もほかのタイプの明朝体で同じ大きさで書いています^^

 ではでは、コメントありがとうございました。
 またでーす。
 

情景描写

 投稿者:ドリーマー  投稿日:2013年 6月21日(金)23時41分19秒
返信・引用
  こんばんは。

日記の『情景描写のコツ』、読ませていただきました。
自分では描写しているつもりでも、読者には説明としか思えない、なんてことが往々にしてあるので、難しいものだなぁと思います。
同じ風景でも見る人の気持ち次第で違って見えるだろうし、目に映るものだけでなく、音や匂い、体感や味覚を駆使することで、人物に直接語らせなくても、情景描写だけで心情を語ることもできますね。なかなか実践できませんが。
思い込みかもしれませんが、現代小説よりも時代小説の方が、情景描写が巧みな気がします。現代と違って季節感がはっきりしているので、風景(自然)描写が活きるのでしょうね。
なんてことを思いながら風景描写を検索していたら、『時代小説における風景描写』というレポートを見つけました。
http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/4778/1/GA50037.pdf
こんなふうに分析して、風景描写をどのタイミングで入れるか、意識しながら書くのもいいかもしれません。まあ、第一稿は勢いで書くので、実際には推敲した時に風景描写を加える、という書き方になると思いますが。
今年は会話や直接的な心情描写よりも、情景描写で伝わる書き方を学びたいと思っているので、そういったサイトを見つけると、ついチェックしてしまいます。

『廃寺のある風景』投稿されましたね。コンスタントに書かれていましたが、どうしたら、あれだけの長さのものをサクサクと書けるのでしょう。二、三十枚でうんうん言っている私は、目を見張るばかりです。
ただ鍛練場画面よりも、こちらの方が読みやすそうなので、ゆっくり読ませていただこうと思っています。

それでは、お邪魔しました。
 

ドリーマーさん!

 投稿者:蒼幻  投稿日:2013年 5月 3日(金)04時06分15秒
返信・引用
  >ドリーマーさま

 こんばんは~。コメントをくださり、ありがとうございます^^

 芥川賞と直木賞、たしかに純文学と大衆文学とカテゴリーでわけられているけれど、境界があいまいになるような受賞作がさいきん、増えているような気がしますね――。そういえば、以前文学賞に異世界ファンタジーの作品が最終候補になって、審査員の先生も面喰らっていたことがあったそうですけど、それは措いときまして――。
 わたしも自分のさいきんの、公募用原稿は、まず読みやすさ重視――凝った表現よりは読みやすさということで、あまり文学的表現にこだわらないものにしています。だから書きながら、これって純文学じゃなくて、大衆文学系の、つまりエンタメ系の新人賞に応募した方がいいのかな、と思うのだけど、ストーリーがだめだから、たぶん、エンタメに送ってもつまはじきだな、と考えさせられます。

 一応、今年送った公募(あるいはこれから送る予定の公募)は4作品とも、その読みやすい路線を狙ったものです。いま書いている12月の文學界用の作品は、凝ったものにしようかとも思ったけど、結局、それまでの路線を踏襲したものになりそうです。さっきまで書いていたんですが、読み口が軽くて、微妙にカテエラ起こしていそうな気もしています(汗)

 読みやすさをとるとエンタメに近づくし、凝ったものにするとなかなか読んでもらえなさそうだし、結局、いまもこういうことは悩んでいたりします。なかなか難しい問題ですね……。

 でも、ドリーマーさまの純文学作品というのも見てみたい気がしますね^^
 では、またいつでも気軽に書き込みくださいませ。
 ありがとうございました!
 

世間話?

 投稿者:ドリーマー  投稿日:2013年 5月 2日(木)12時33分30秒
返信・引用
  こんにちは。ちょっとお喋りに来ました。

今年はいつも出している五月締め切りの公募を見送ることにしたので、ちょっとのんびりしています。現在改稿中の作品のキリが付いたら、八月締め切りの公募作に取り掛かろうと思っているのですが、さすがにのんびりし過ぎかもしれません。

ところで、私は自分をエンタメ書きだと思っています。最近はエンタメと純文学の境が曖昧で、芥川賞の受賞作品を読んで「え、これって純文学なの?」と思うことも珍しくありません。先日も(鍛練場の)hanaさんが文学界三次通過の実力者だと知り、好奇心丸出しで作品(現在6面)を読ませていただきました。面白かったですが、同時に「え、これって純文学なの?」とも思いました。
逆に直木賞受賞作品でも、「これって純文学にも通じるんじゃない?」と思うこともあります。
そうなると、「私の書く話でも、純文学、イケるかも」などと、図々しいことを思ったりします。時代小説や児童小説なら公募先を迷うことはないんですが、私的にはエンタメに思える作品が純文学として評価を受けていると、公募先を迷ってしまいますね。

以上、要するに結果を出したくても出せないワナビの愚痴でした(涙)。
お目汚し、失礼しました。
 

感謝感謝

 投稿者:蒼幻  投稿日:2013年 4月19日(金)04時03分36秒
返信・引用
  >おちゃさま

 こんばんは~(おはようございます~)。
 ようこそいらしてくださいました。
 拙作をお読みいただけたとのこと。とてもうれしく思います。
 そうですね、もうすこし描写を膨らませれば、もっとちがった印象の読み物になりそうですね^^
 わたしとしてはこれは過去に書いたもので、いま書くなら、まったく別の読み味のものになってしまう気がします――。過去の書き方を尊重してそのままにしてありますが、実際、書きなおすと過去が消えてしまいそうな気がして、手をつけられないという悪循環に……。
 まとはずれな意見とは思っていませんよ。ありがたいことです^^

 またいろいろとご意見をいただけると嬉しいです。これからもよろしくです^^

 と、おちゃさまのサイト、ときおり、更新されてないかな―と思って見に行くのですが、一番の楽しみは絵日記です。イラストがとてもいいので、いつも楽しませてもらってます。なろうのほうもありがとうございました。感想が付いてはげみになりました。
 それではでは。
 

拝読しました

 投稿者:おちゃ  投稿日:2013年 4月18日(木)20時02分2秒
返信・引用
   ご無沙汰しています^^ 小説家になろう に引き続き、こちらのサイトの作品も読ませていただいたのでちょっとお邪魔します。
「戦いの神、豊饒の女神」を拝読しました。過去の作品とのこと、スッと読みやすいボリュームで楽しませていただきました! 登場人物のビジュアルや人物像を想像しながら読み進めました。
 豊穣の女神の美しさや、心理描写(悲哀とか。嘆きの歌を歌おうかと思いつつそれをとどめて微笑み続けるところとか)が加わると、また違う味わいの作品になるのかなと思いました^^
 未熟者ですので、まとはずれな感想でしたらどうぞ笑って許してやってください。

 じぶんのほうは、今はなかなかサイトの更新ができないのですが、ネタは溜まってるので時期を見て再開させたいと思います。執筆も、マイペースですが続けていきますので、また見かけたらアドバイスいただけると嬉しいです。
 ではでは。

http://ochappagarden.web.fc2.com/index.html

 

花さん、こんばんは!

 投稿者:蒼幻  投稿日:2013年 3月21日(木)18時16分43秒
返信・引用
  >花さま

 ようこそいらしてくださいました^^
 ほんと、ごはんではずいぶん長いですが、こちらでは初めまして、ですね。
 わたしも花さんのブログにリンクを張らせていただきました!
 気分的には小説の方のカテゴリーに入れたいくらいなのですが、
 小説を公開されていても、ブログ形式のシステムで管理されているところは、
 ブログの方のカテゴリーに入れさせていただく形にしています。

 見に行かせていただいたところ、ほぼ毎日更新のようですね。
 ひんぱんに見に行こうと思うサイトさんで毎日更新のところは少ないので、
 巡回コースに入れさせていただきたいと思います。
 いろんな花さんの作品が読めるのが楽しみです。

 たまに創作のこぼれ話みたいなのが聞ければ、いいなとも思います^^
 公募、お互いに頑張りましょうね!
 

こんにちわ。花です。

 投稿者:  投稿日:2013年 3月21日(木)16時15分32秒
返信・引用
  今までごはんでご一緒しながら、こちらにお邪魔するのは初めてですね。
私も数年前は違う名でブログを作っていたんで、今年から内田花のPNでやり直そうと思っています。
こちらもリンク貼らせて頂いて、いつもお邪魔できるようにしたいと思います。
よろしくお願いします。

PCのメルアド貼っておきます。
 naomihome@mail.goo.ne.jp

私も今、ミステリーらしきものを推敲中なの。
去年の夏から、時間が取れるようになって、やっと公募出来るようになりました。
蒼幻さんも頑張ってられるみたいやね。お互い良い結果が出ればいいのにねえ(しんみり)。

どうぞ、これからもよろしく。
ブログも貼っときます。(*^_^*)

http://utidahana.jugem.jp/

 

ドリーマーさま、はじめまして!

 投稿者:蒼幻  投稿日:2013年 2月25日(月)22時16分36秒
返信・引用
  >ドリーマーさま

 こんばんは~。こちらでは初めまして、ですね^^
 コメントを下さり、とてもうれしく思います。

 ごはんへはさいきん投稿できていませんが、前作を投稿し終えてからいくつか短編など書いてもいます。公募にかかりきりですが、投稿できるような作品を書いて、またごはんに出したいとも思っています。

 さて、少し前のごはんの掲示板での盛り上がりはわたしも観ていました。
 内容の「論理的整合性」は、わたしも思い付きで書いてしまうことがあるので、読者さまにじっくり読まれると、自分の文章にもたくさんのアラが見つかるだろうな、と思います。推敲段階でそれに気付ければいいのですけど、自分が思ったことをそのまま書くと、推敲のときにも、そのときに書いた自分なりの理由を思い出して、批判精神が甘くなり、結果、不足や誤りを見過ごすことになってしまいます。
 最初は白いと書いていたものが、後半には黒に変わっているなんてこともわたしはありました。何回も推敲しているのに、もう切り上げようかと思っているときに、そのミスが発覚したりすると、どうしてもっと前に気付けなかったんだ、と責めたくなることもありますね。

 今回のいしかわさまの発言は、条件反射みたいなものでささっと書かれてしまったようですね。わたしも日記の文章はかなり適当なので、ときおり、ヘンなミスをしでかしたりしています。でも思うのは、小説の場合、最初に書くときにはそんなに整合性を気にせず、思ったとおりに書いて、あとで直せばいいやくらいで前に進んでいくのがいいかな、とも思います。
 読み返して修正をかけないと、人に見せられる代物じゃないこともありますし、やっぱり慎重になるのが一番なのかな、と思いました。

 このところ感想も書きにいっていないので、まったく足を運んでいないように思われてそうですが、実は毎日二回くらい、訪問しています^^
 質問に答えられたかどうかわかりませんが、わたしは上記のように考えています^^

 ではでは、またよかったらコメントくださいませ。
 楽しみにしています。
 

お邪魔します

 投稿者:ドリーマー  投稿日:2013年 2月25日(月)11時28分9秒
返信・引用
  こちらでは初めまして。
最近は公募作の執筆&推敲でお忙しいのか、なかなか「ごはん」ではお会いできませんね。そこでちょっとだけお喋りに来ました。お返事は気が向いたらで結構なので、お気遣いなきように。
二、三日前になりますが、伝言板が珍しく創作サイトらしい話題で盛り上がっていました。
文章における『論理的整合性』と内容における『論理的整合性』という、なかなか興味深い話題でした。文章の方はいいとして(作者が意図的に書いている場合は別ですが、整合性のない文章は読み難いだけです)、内容における『論理的整合性』は楽しく読みました。その後別の話題に移ってしまったので、二、三の意見しか伺えなかったのですが、蒼幻さんなら何と言われるだろうな、と思いました。
エンタメ、特にミステリーなら『論理的整合性』は必要不可欠ですが、純文学では少しアバウトな気がします。それは描いているものが人間を取り巻く事件ではなく、人間の心という流動的なものだからかもしれません。
ただプロならアバウトに書いても纏まったものに仕上げられますが、アマチュアは意識して書かないと話が破綻してしまいそうですね。

それでは、公募頑張ってください。お邪魔しました。
 

宵月さまへ

 投稿者:蒼幻  投稿日:2013年 2月 7日(木)10時02分0秒
返信・引用 編集済
  >宵月さまへ

文脈をたどると、ポイントは、前半部でなく、
「そのよい翻訳を読んだことがないという以上の意味はない」という部分にあるようで、
原語から日本語に訳されるときに、原語の並びに影響されて、つたない訳がほどこされているものがある。
原語を読むときも意味は逐一たどっていくのだから、それに合わせた訳があれば、
原語のほうがわかりやすいという比較も生まれないだろうということです。

日本語で考えるか、外国語で考えるか、どちらがわかりやすいかと考えたとき、
つたない日本語訳より、うまい外国語で読むほうが理解しやすいということはあると思います。
しかし、やはりしっかりした日本語で考えるほうが理解しやすいけれど、西洋の言葉であった翻訳語自体の意味が混乱している(二重三重の意味をもつ言葉たち)状況ではなかなかそれもおぼつかないのである。ドストエフスキーもニーチェも、自国語の不自由さは嘆いたけれど、それは自国語が不完全な言語であることを嘆いたのでなく、西洋から輸入した言葉が意味の上で混乱していたことに対する嘆きであったと小林秀雄は書いています。
引用の最初の部分はぽんとでてきた、一例のようなものなので、それが一番書きたかったことではないようです。

ちなみにわたしが想定している相手は、カントは原文で読むほうがわかりやすい、
など主張している人に対してというのがありました。
誤解を与えすみませんでした^^;
 

日記

 投稿者:宵月  投稿日:2013年 2月 7日(木)03時12分14秒
返信・引用 編集済
  拝読致しましたけれど、小林秀雄の、原語云々、
笑っちゃいました、だって論点が全くずれてるんですもの。
そんな事言われても誰もショックなんて受けませんよ、
へえ、小林秀雄って……って、彼の評価を下げるだけです。
 

早花鬼です~^^

 投稿者:早花鬼  投稿日:2013年 1月26日(土)13時10分12秒
返信・引用
  了解いたしました~(≧▽≦)/~  

早花鬼さまへ

 投稿者:蒼幻  投稿日:2013年 1月26日(土)00時15分26秒
返信・引用
  すみません、「さいこばぶる」読んだんですけど、
ブログにレスしようとしたらはじかれて書き込めず、
メアドはこの前のPCリカバリのときに消えてしまってわからないのです。
コメントを送りたいので、よかったら、またメアド教えてください^^;
こちらのメアドは変わってません。「sougen01@iris.eonet.ne.jp」です。
よろしくお願いします……。
 

こんにちは~

 投稿者:蒼幻  投稿日:2013年 1月24日(木)09時23分38秒
返信・引用
  >早花鬼さま

 いつもブログ、見せてもらってます。こんにちは!
 執筆は根詰めて血で書くというようなものでなく、書ける物を楽な気持ちで書こうみたいな感じでやっているので、実際、ペースが速いだけということになってしまってます。
 もちろん、重い物も含んでいるけど、たいてい、筆の早さに内容が流れてしまってる感じです。本来、じっくり書くネタを焦って書いているのかもしれません。

 早花鬼さまも3月締め切りですか。もしかして、同じ賞でしょうか?
 早花鬼さまも頑張ってください^^ 応援しています。

 ブログ、ハロウィンの新アルバムの話とか、のりのりで書かれているのがわかって、楽しそうだな、と思ってました。好きなものについて語るとき、自然と行間にその喜びがあふれていて、読んでいると、うきうき楽しくなってきます。
 また、ブログに寄せていただきますね。そのときはよろしくでーす。

 ではでは、書き込み、ありがとうございました!
 また来てください。
 

レンタル掲示板
/14