teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


選挙

 投稿者:  投稿日:2004年 7月11日(日)22時41分34秒
  今日は投票日ということで、投票に行ってきた。
自分の住む選挙区では4人の立候補者がいたようなのだが、知っている名前が一人もなく、
それぞれの人の主張とか公約などをあらかじめ調べる余裕も作れなかったので、
生まれて初めての白紙投票と相成った。
投票に行かないのは、やるべきこともできない堕ちた人間であることの意志表示だが、
白紙で投票するのは、政治に参画はしたいが参画できないということの意志表示である。
投票率が低くなったらそれは国民が全体的に怠けているように思えるけど、
白紙投票率が高くなったらそれは議員立候補者の資質が問われている意味になる……かな?
某サイトで「白紙投票には意味がある」というような主張を読んで、
まさにそうなんだろうかと思いこんでいる節があるので、相応の信頼度で読んでもらいたい。

それと今回、個人的にどうしても一票を投じていきたかったのが、はまよつさんである。
多くの人が一度はこの名前を見たことがあると思う。政治をまじめに考えている人には
いささか腹立たしく聞こえるかもしれないけど、はまよつさんに投票を考えたのは、
どんなに僻地に行ってもこの人のポスターが貼られていたからである。
しかも、今日の選挙よりずっと前からである。枚数も半端でないに違いない。
川場村の富士山に行ったときにもポスター見かけたし。。。
まぁ、個人的なこだわりですけれども。
 
 

コンサル

 投稿者:  投稿日:2004年 7月10日(土)00時02分6秒
  やっぱり、毎日更新とは行かないかな~。

先日、中学の同級生だった人が会社の同僚になった夢を見た。
ものすごく「嬉しい」夢として覚えていた。
今の自分、今の会社で相当、寂しい思いをしているのかもしれない。。。

また先日、某○○コンサルタントという会社の人から携帯に未承諾電話がかかってきた。
この携帯に未承諾電話がかかってきたのは、ワン切りを除いて初めてである。
電話口に出たのは女性社員の声。話を聞くとどうやら自分と同じ、入社3ヶ月の新人らしい。
どうやってこの電話番号を知ったのかという話には、名簿を仕入れたわけではなくて
友達の携帯番号の下2桁を00~99まで変えて電話してみているという。話として辻褄は
合っているのだが、「独身の社会人」がターゲットと言っていたのだがどうだろう?
まぁ自分も半ば会社という閉鎖的な環境に閉じ込められ続けていた都合上
異性との出会いに飢えていたこともあり、また電話口の子が会社の戦略なのか知らないが
他愛のない雑談に花を咲かせまくりながら時折こちらの個人情報を聞き出そうとしてくる
まぁ割と巧みな会話を続け、結局会員になるのかどうかとか本来の目的の話になる前に
一時間も談笑してしまい、後日また電話するということで用件に移る前に電話は終わった。
詳しい契約の話を調べて翌日にまた電話してきてくれるという話だったのだが、翌日に
電話はなく、数日経った昨日に着信があったようなのだが自分はお風呂に入っていた。
たぶん電話でどんなに魅力を語られても自分は話されたことをすぐには飲み込めないので
契約してしまうことはないと思うが、せっかく(契約が目的であったにしろ)積極的
また好意的に話しかけてきてくれる異性(しかも同学年…らしい)がいたわけだから、
別にそこからどう話を発展させるつもりもないが、せっかくの機会は楽しみたいと感じる。
向こうとしても、私は話をよく聞いてくれるきわめて有力なお客様であったはずなので、
ここで獲れそうな魚を易々と逃すことはしないと思うのだが、まぁ
東京までの通話料金は払いたくないので、また連絡が来るのを待つことにしようか。。。

明日せっかく東京に行くのだから、会社の場所も分かるし、ちょっと偵察してこようかなぁ。。。
 

ふと

 投稿者:  投稿日:2004年 7月 4日(日)00時54分33秒
  すでに卒業した大学に依存しすぎないようにという一部の人たちからの助言に
真剣に悩んでいる自分がいた。そして、なぜ自分だけこれだけ頻繁に大学に
立ち寄ることをしているのか、ふと考えてみたのだが、考えてみたら答えは単純で、
大学に立ち寄ったときはだいたい、卒業CD-ROMを購入希望者に手渡しに来ていたときだ。
あまり意識していなかったし、人に会うたびに説明するのも何だか面倒くさい気がして
頭の片隅に追いやってしまっていたのかもしれないけど、目的むしろ義務があったのだから
負い目に感じることではないだろう。むしろその都度大学に立ち寄るべきだったわけで。
ただその義務は、自分が作り出してしまったものではあるわけだけれど。

マーブレットという、大理石に写真を埋め込む工芸品があるのだが、
とても遅れた父の日プレゼントに思い出の写真を埋め込んだマーブレットを作ってもらおうと
ららん藤岡を訪れたところ、店主不在、まぁショールームなので抑も人がいない可能性もあるが、
とりあえずリーフレットをもらい、帰ってからメールで連絡を取ってみることに。
しかしやはり藤岡は道路を走っていると東西南北の感覚が分からなくなる何かがある気がする。。。
 

花の金曜日

 投稿者:  投稿日:2004年 7月 3日(土)00時00分8秒
  金曜日の午後はなぜか普段よりも格段にお腹が空く。なんでだろう。
おそらく、五日間働き続けた疲れが出てきた結果なのかもしれない。

今日は仕事が終わってから大学に寄る。追加購入の同級生に卒Cを手渡すため。
生協で夏祭りをやっていると聞いていたので、ゼミの同窓会のために必要な
ケータリング(食事パーティ)の料金見積もりがてら、立ち寄ってみた。
そしたら学部の後輩や先生方がたくさんいて、懐かしの再会の場面が多かった。
大学に依存しすぎは良くないと言ってくる人が多いけど、まぁ何事も批判は可能で、
批判をおそれて行動を控えてもあまり自分に良いことは起こらないし、
不快に思われなければ人に迷惑をかける話でもないでしょうしね。
それに今の仕事を続けるならいずれは残業だらけで大学に立ち寄れる余裕はなくなる。
できることを、できるうちに、しておきたいかなと思う。
会える人には、会えるうちに、会えるだけ、会っておいた方がいいと思う。
いろんな事情で、いつ誰と会えなくなるか、分からないから、ね。。。
 

日記への憧れ

 投稿者:  投稿日:2004年 7月 1日(木)23時38分48秒
  7月1日、一部の信頼できる人たちに公開する目的の日記を書き始めてみます。
ある程度続けて書き込んでいけるようだったら、その時にメールなどで存在を教えようと思います。
ちょうど今日から晴れて見習い職採用を卒業して正社員として働くことになりました。
ただそれは単なるきっかけで、実際のところ
大学の合唱団を一緒に卒業したメンバーがみんなウェブ上で日記を公開して
しかもそれを社会人になった今も更新し続けているのがとても羨ましく見えたってことがあるんだけどね。

今日は、仕事を終えてから、映画「シルミド」を観てきました。
幾度か、涙を流してしまいましたよ。
エンディングのスタッフロールがハングルだったのがちょっと新鮮でした。
感じたこととか、追って綴れたらと思います。
 

書き初め

 投稿者:  投稿日:2004年 7月 1日(木)23時28分57秒
  日記を書き始めてみようと思い立った次第です。

まず、この日記の位置付け。
この場所の存在は、限られた人にメールか口頭で伝えるだけにして、
ウェブ上でこの場所を知らせることはしない予定。
ただ、URLのブルートフォース(数打って当てる)でこの場所が誰に見つからないとも限らないので、
個人特定につながるような内容はそれなりの表現の仕方をすることになるかな。
とにかく、基本的には限られた人だけが見られるシークレットエリアです。

書き込みの頻度は、基本的に不定期。
できるだけ毎日書き込んでいくことを目指そうとは思うけど、精神負担になっても良くないので、
感じたこと、伝えたいこと、残したいことがあった時に書き込んでいくことになるかと思う。

文体について。
自分は人と話す時は敬語を使っていることが多いんですが、
日記の上ではですます調とだである調が混在することになると思います。
言いたい内容とか、気分によって、変わってくると思います。
まぁそこは、私的な文書なのでご容赦をば。
 

レンタル掲示板
/1