teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


何と何と・・安倍政権が揺らいでいる

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 7月21日(金)05時18分38秒
  ・安倍政権、あれほど「アベノミクス」で支持を得たのに、ちょっとした身内の利益誘導で躓こうとしている。国民感情って分からないものですね。つまり・・安倍政権はお友だち政権だったと知れて国民はがっかりしてしまった、というわけですね。

・政治家なんて、選挙区のために利益を誘導するのは当然のことながら、親しい友人のために利益を誘導するのは、見え透いていてやりすぎだ、ということですよ。

     ・大切な友だちのため一肌脱ぐ安倍総理の驕りを憎む   石塚 邦男
 
 

「苫小牧市民文芸」に現政権批判の作品?、さてどうするかと、編集委員は悩んでいるらしい。アホか・・

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 7月14日(金)13時11分57秒
編集済
  ・地元のことなのだが、「苫小牧市民文芸」。今年の11月発刊予定なのだが、原稿を締め切ったところ、小説仕様ながら現政権批判の原稿に編集部諸氏はちょっと悩んでいるそう。

・と言うのも、この雑誌は苫小牧市の予算が若干入っているのだが、岩倉市長が自民党系。それで、現政権批判の作品が掲載されると・・・と編集員がつまらない心配をしたということのようなのだ。その作品、痛烈な現政権批判に貫かれているそうで、編集部でこの作品を掲載したら、予算を削られることにもなりかねない、と<忖度>してどうしたものか、根保さん、ちょっと編集委員会に出席して読んでみてくれないか、というのである。私も地元のグループの一員であるから、編集委員会に出席する資格はあるものの、今回は最初から出席しないつもりでいたのである。

・たまたま、「はまなす読書会」に出席したところ、市民文芸の事務局をやっている人から、委員会に出て作品を読んで、意見を言ってくれというので、少し考えてから出席することにした。現政権批判の小説とは、いったいどの程度のものなのか・・読んでみたいと思ったのである。

・小説の登場人物が政権批判する人物だとしても、これはキャラクターの問題なら許容していい。ヤクザであろうと、性悪女であろうと、登場人物のキャラクターの範囲なら、現政権をいくら痛烈に批判しても許されるはず。編集委員の一人がひっかかっている理由をこの目で確かめたいと思ったのである。

・それにしても、自民党市長の立場を忖度するとは、ちょっと心配のし過ぎだろう。検閲でもあるまいし、現政権批判の小説作品なんて、今の時代、屁にもならないものだ。だいたい、市長は市民文芸を読むほど暇ではあるまい。心配のし過ぎだろう。岩倉市長もそれほど度量がない男でもあるまい。何なら私が直接市長に会って話してもいい。「こんな作品がよせられたが、載せるので悪く思わないでくれ」と正面から話すと良いではないか。

・市の予算を当てにした「市民文芸」なるもの、そんな心配するなら、自分たちの手で同人雑誌をやれ、というわけだ。市長の顔をうかがいながら編集するようでは、これは文学活動ではない。それが嫌なので、ここ二十年無視していたのだが、市長の意向を忖度しながら編集するなんぞ、糞喰らえと思うのだが、投稿者のことを考えると、無視して切り捨てるわけもいくまい・・これも忖度になるか・・何ともふがいない編集委員会だ。とは言っても、悩んでいるというのだから、何とかしてやりたい・・。

   ・政権を痛切批判する作品載せるか否か迷ふはをかし  石塚 邦男


 

自前の掲示板作りました

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 7月12日(水)17時31分56秒
編集済
  ・はい、自前の掲示板作りました。
そのうち、猛然と書き込みます。

・特に、同人雑誌評、待っている方もいるようですので。
いやあ・・今日は暑いですね。

・「群系」「関東」の掲示板から排斥されました。いい加減飽きていた頃合いでしたので、すっきりですね。私がいないと閑古鳥が鳴く、なんて言う方もいますが、そんなことはあってはならないですね。親分はともかく、会員にはまともなのが大勢いますので、何とか続いてほしいものです。私は部外者ですからいいですが、会員の異なる意見を圧殺する体質にだけはならないでほしいと願うばかりです。

   ・意に沿はぬ意見を排斥する体質 それで文学やると嘯(うそぶ)く  石塚 邦男
 

Zaz・・フランスの人気シャンソン女性歌手

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 7月10日(月)03時23分44秒
編集済
  ・モダンなピアフ・・と言った感じ。
時々聴きたくなる・・・。

  ・シャンソンを弾き語りする女の子Zazの身振りに魅せられてゐる  石塚 邦男
 

「根保孝栄の掲示板」立ち上げました

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 7月10日(月)01時16分32秒
  ・今後、同人雑誌批評は、新掲示板にて継続します。  

「獣神(けものがみ)」450枚になって・・

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 7月10日(月)01時01分20秒
編集済
  ・小説の主人公は巨大羆なのだが、これを追うアイヌマタギの弥平、カナダの貿易商でライフルハンターのヨハン・ヴォルフガング・ヒットラーの出生と生い立ちの秘密などを書き足した結果、100枚上積みされて、450枚になってしまった。

・教会の前に捨て子されて、牧師に育てられたアイヌマタギの弥平・・、ヒットラーは捕鯨船の船乗りのヤスパースが長崎に寄港中、ねんごろになった芸者を身請けしてヒットラーが生まれた生い立ち・・そんなものを挿入したため、100枚オーバーしたというもの。

   ・誰しもが一生語ればドラマあり まして明治の時代ならなほ  石塚 邦男
 

予告編・・・「獣神」第三弾は「苫小牧市民文芸」に掲載へ

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 7月 8日(土)03時22分21秒
編集済
  ・長編小説「獣神(けものかみ)」の第三弾は、「苫小牧市民文芸」に50枚掲載予定。
第四弾は、昨年に引き続き「胆振文芸」に五十枚を予定し、すでに原稿は完成。

・「獣神」は、死骨湖(支笏湖)山系に明治の終わり、赤毛と呼ばれた齢二十五歳の巨大ヒグマが存在した。人語を解し、火も怖れない赤毛体重六百キロを超え身の丈一丈を超え、まさしく魔物神、獣神と言われ、シコツアイヌの伝説となった巨大羆。

・時あたかも王子製紙の新工場が苫小牧に新設される計画が持ち上がった時期。
この工場新設のドラマと巨大熊伝説が並行して進む不思議と樽前山の大噴火。
加えて、石川啄木の北海道の足取りとをバックミュージックにした仕掛け。

・樽前山の爆発を予知してか、赤毛はヒグマ族を引き連れて死骨湖を離れる不思議・・
これらの現象は、自然破壊が山の神を怒らせ結果だと地元民は恐れをなして
神に祈る毎日・・・。

・旭川のアイヌマタギで旧式村田銃で狩りをする名人の弥平とカナダ人で世界的なハンターであるヒットラーとの功名争いをからめ、赤毛巨大熊出生の謎が次第に解き明かされる・・。

・また、最後の蝦夷狼出没の謎、狼の群れを率いる片耳一族と巨大ヒグマ赤毛との領土争いの死闘、
工場の労務者目当ての遊郭の女・菊女と弥平との純情恋物語をからませる一方、
古里を追われた石川啄木と弥平、ヒットラーとの出会いの奇縁など。

・450枚の長編ロマン小説を、区切りよく起承転結をつけた50枚物に仕上げ「胆振文芸」「札幌文学」「苫小牧市民文芸」にそれぞれ短編構成で分載してゆく方針。

  ・今にして死骨湖伝説噛みしむる噴煙たなびく樽前の峰  石塚邦男
 

大相撲が札幌に 稀勢の里ファンです

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 6月17日(土)07時54分12秒
  ・この夏、大相撲の地方巡業が札幌で行われる。
で、昨日郵便受けに読売新聞主催でキャンペーン葉書が入っていた。
好きな力士を書いてやると、稀勢の里のバスタオルやタオルセットが当たるという葉書。
稀勢の里は弱いときから応援してきたので、好きな力士は「稀勢の里」と書いて投函した。品物が当たる、当たらないは別にして、稀勢の里贔屓の意思表示をしたいのだ。

  ・日本人横綱誕生寿ぎてキャンペーン葉書ポストに入れる  石塚 邦男
 

北海道新聞歌壇、足立敏彦選で一首

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 6月12日(月)07時24分50秒
  ・六月十一日、北海道新聞歌壇 足立敏彦選で一首

  ・時計台側の喫茶店に座りゐて響く鐘の音に顔を上げたり   石塚 邦男
 

(無題)

 投稿者:根保孝栄・石塚邦男  投稿日:2017年 6月 3日(土)09時09分33秒
  ・一丁目十二番地を仮宿にこの世を渡る先はなくとも
・煙草一個とコーヒー三杯あれば望むものなき賢治のやうに
・かくてこの歳に至るか春風のそよぐ海原を眺めゐる今日も

・弘前に劣らぬ樹齢百年の図書館前の桜の花散りはてつ
・歩くのは大儀になりて自転車に頼りし毎日散歩に出かける
・禁煙と書かれし文字エレベーターにありて俺のことかとひがみ読む

・忘れ物に何度戻るかポケットに鍵を探りて一安心する
・コーヒーを落とさむとして湯沸かしを忘れガス管をひねる
・メル友も電話友達もはや逝き静かなる朝コーヒーを飲む

・物事を深く考へぬことにしやう鈍き痛み胸に感じて

 

レンタル掲示板
/115